近況と現在のオタクスタンス的なおはなし

  よく考えるともう5ヶ月以上ブログを更新していなくて、はたと「担降りしたのでこのブログやめます><」みたいになっていないかな、と気づき、更新してみたりしている。というわけで、最近の近況を書いていきたい。

 

 

 濵田くんを降りた私は、濵田くんに対していろんな意味で「自由」になったことをいいことに、ちょうどいい距離感でかわいいかわいい、と可愛がることに楽しみを見いだしている。今年のコンサートはバックに担当もついていないし、濵うちわを胸に全身紫コーデで参戦するのだから、結局担当なんて、自分のいいようによってはどうとでもなるのだろうと思う。横アリ2公演を終え、5月に北海道に行きます。

 卒業バカメンタリーも録画してザクザク見ている。濵田くんのマオくん役は三郎さんを思い出して胸がきゅんとするのだけれど、無類の看守長担当としてはマオくんがクレイジーマオになったときの座りきった目が大好きだったりする。あ、濵田くんのぬくぬく服フックのために、看守長の服が作りたいタイプのオタクです。

 

 横尾さんについてはいうまでもあるまい。わっと驚く第一笑に骨をうずめて死にたい。本当に楽しい。あれを見てオタクをあがりたい。灰色のスーツに身をまとった横尾渉を見てジャニヲタになった私に必要なものはあそこに全てある。横尾担をやっている私はとにかく幸せで仕方がないので、もはやここまでくると彼に対して言いたいことがあんまりない。本当に大好き。

 

 今江くんについては、長居、クリパ、あけおめ、楽しそうな彼を見られれば、アイスクリームの甘甘な歌声に早く偉い人が気付いてくれればそれでいい、と思っている。ほんとは売れてほしいし、誰よりも売れてくれ、と思っている。ただ今、今(多分今だけ)この2月12日時点で1ヶ月以上今江くんをほとんど摂取出来ていない状態では、楽しそうで幸せでラーメン食べてふわふわ笑っていてくれればいいやあ、という気分。そう、この後話すが私は現在Twitterでフォローしている関ジュ担のほとんどをミュートしているという状態で、やはりある程度自主的に距離を作ると、ああ、私はこれがなくても多分生きていけてしまうのだなあ、と気がついたりする。

 過激になろうと思えばいくらでもなれる。長居走りたかった。リューンの発表タイミングが大地くんのお誕生日付近で、悔しくて少し泣いてしまった。クリパの開演24分前に彼がいないらしいと聞いたときはマジで乾いた笑いしかでてこなくて彼がいない公演のチケットなんていらないと思った。あけおめの和風曲で丈橋が前に出られるのに出られないのも、また今日と同じ明日が来るでまいジャニで抜かれないのも本当はものすごくものすごく悔しい。

ただ、多分それじゃだめなのだ。

…いや、ダメなんてことは絶対にないけれど、オタクと会ったときに、特に思う。一年前の私は「大地くんがマラソンを走るの」「大地くんが大好き」とばかり、言っていたのに、最近の私は「大地くん顔が好きじゃないけど好き」「大地くん本当に一階みえてないから」、その他、立ち位置がどうだ、こうだ、うちわと缶バッヂで殴っておきながらまだまだ足りないのじゃないかと息ができずに溺れたような心地になり、そうなると口から出てくるのものといえば、自責を大量のオブラートで包んだ、悲しい囚われの言霊ばかりで、そんなモノを吐き出し、私は恐らく周りの、私を好きで、私に良くしてくれる人を想像以上に傷つけてボロボロにしてしまっている。

 今はタイムラインで人の心ない言葉を見ることがないから、自分の好きなことを、好きなタイミングでつぶやけているのだけれど、やはり誰かの発言を見ると、自分の発言はそれに呼応して変わる。だからいまは、Twitterでは言いたいことが言えているのに、フォロワさんとオフで会って話しだすと途端に「いやいやうちの子だって全然〜〜〜全然です〜〜〜〜」と変に下手にでようとして結果カッコカワイイ宣言の奥様みたいになったりしてしまっている。それをやったあとの自己嫌悪が強すぎて、近頃それをやめたいと思ったりしている。

 もう本当に、関ジュは康二くん、龍太くん、今江くんあたりが幸せでいてくれればいい。多分今、武装に疲れている。ほんとは武装したくないのだ。ワードミュートに「骨」とか「インスタ」とかわけのわからん言葉を突っ込む生活をやめたいのだ。このあたりはnoteでもじゃんじゃか書いているので、そちらも読んでください…

 

 と、まあこんな感じで、ゆるゆるとオタクを上がっていきたい、とは思っている。オタク疲れはオタクを上がる一歩だ。ここからは、舞祭組宮城、DISCOTHEQUE、春松竹、あとはWEST北海道。滝沢歌舞伎も去年行ったのがきっかけですっかりファンになってしまい、ちゃっかり応募している。現場、減らせるかな。3月は3回ぐらい大阪に行きそうなのだけれど、気のせいということにしようかな。

 

近況に戻るが、最近観たもので、印象に残っているのはDOGFIGHTと映画「勝手にふるえてろ」。DOGFIGHTは、見に行く予定がなかったのがひょんなことから観劇して、あまりのインパクトに増やした。勝手にふるえてろは、私の今生のライバル綿矢りさ松岡茉優を通して見た作品としてすごく心をえぐられた。ローズといい、ヨシカといい、強い女の子を見ると心が震えて、最近は今までよりも私生活面で貪欲に愚直に邁進して、恥をかいたとしても上等とばかりに開き直る生き方がしたいなあ、と考えていたりする。

 

 

はてなブログは、ジャニオタ×物理シリーズ であったり以前に書いたリチャくんの記事であったり、割と論理的に着々と議論を展開したいときに使っているコンテンツで、心の叫びとからくがきのような記事はnoteの方で展開しているので気が向いたらどうぞ。

https://note.mu/nisereal1012