いたれりつくせり。

アニオタからジャニオタ。オタクのオタク。キスマイ!WEST!関西ジュニア!

六本木、冬昴

人生が一番輝いていた14歳、通っていた中学校が六本木にほど近かった。

「都会」「怖そう」「ヒルズの街」

そんなことはない。私の庭、青春の街。

 

この街で、今年の冬、私の大好きな人が舞台の主演を務める。

  

冬は苦手だ。

でも、君の手がポケットに忍び込んでくれるわけでもないのに、

今年はとにかく、ドキドキが止まらない。

 

毛足の長い帽子、バッグ、アクセサリー。

どんどんと深い色を纏う店頭。

毎年見るたびに陰鬱になっていたが、今年は違う。

 

今年の冬は灰色じゃなくて、緑色なのだ。

ここから近づいてくる季節を想像して、

ひとりほくそ笑むのをもう何度やっただろう。

 

ワンピースに、ヒールのほとんどないパンプス。

思い描く私はいつでも、細く、小さく、かわいい。

 

アマンドドン・キホーテ、天下一品、そしてHUBの地下へ。

冷たい空気をめいっぱい吸い込んで、吐き出す。

白い息が、雲のように空に溶けて消える。 

 

「好き」という気持ちだけで、

どうしてこんなに可能性が広がる気がするのか。

 

彼が24歳に、私が25歳になるクリスマス、

街と、私と、彼と、それから

見守る冬昴。

ほら、やっぱりずっとクリスマス色だ。

 

 

冒険者たちのホテル、初日まで残り84日!

  

シンメ的な立ち位置の散文:

niseri1012.hatenablog.com