いたれりつくせり。

アニオタからジャニオタ。オタクのオタク。キスマイ!WEST!関西ジュニア!「おすすめ記事」におすすめ記事入ってます!

Smile(横尾渉さんお誕生日公演、HOMEオーラスの話)

https://2.bp.blogspot.com/-TuvE0SrVUZ0/Vf-efnqQ4lI/AAAAAAAAyP4/l0HcFm7GICU/s800/music_guitarist.png

\キスマイ世界でNo.1!いやいや宇宙でNo.1!/

いや、HOME、最高…。おすすめトレンドに「キスマイ大好き」「キスマイ最高」が入っていたのが、それを示していたように思う。

キスマイCDデビュー10周年が近づくなかの、このコンサート。

私はキスマイ担7年目とかだけれども、ツイッターを見ているとオタクの入れ替わりをひしひしと感じる。簡単にいうと、「キス担」の雰囲気がものすごく変わった。そして、オタクだけじゃなく、キスマイも変わった。

きっと、それが嫌で応援するのを辞めた人もいるし、今を寂しく感じる人もいるのだろう。でもでも、その分得たものもすごく大きい。心が苦しくならないMC、初日から日替わり以外変更のないセットリスト、「7人」のグループ像。北山君の変わらないビジュアル、千賀くんの爆発する才能、宮田くんの頼もしさ、藤ヶ谷くんのおちゃらけギャルの笑顔、玉森くんの唯一無二の透明感、二階堂くんのセクシーラップ…。

そして、横尾さんの人間味と、「オレンジ」の存在と、笑顔。

 

---

 

昨年(2020年)も、5月16日に西武ドームでキスマイのコンサートは予定されていた。しかし、新型コロナウイルスの影響でやむなく中止。今年の配信が始まって、会場が西武ドームだったとき、すごくうれしかった。一年越し、当日の、お誕生日会だ。

横尾さん、「35にもなってコンサートでお誕生日祝いなんてしないと思っていた」とかいっていたが、心からの本音ではないと思う。昨日の横尾さんは、要所要所でサプライズを見越して行動をしていた。実際にサプライズをしたSmile前、ギターを取りに行くタイミング、マイクを外すタイミングにも周りのメンバーのリアクションを確認していた。それでも周りが彼を止めないものだから、このタイミングじゃないのだ、と安心しきったのだろう。だからこそ、誕生日サプライズの瞬間、サプライズをされた「主役」はマイクをつけていなかったし。そして、だからこそ、「やられたよ…(照)」という、素のリアクションが見られたのだと思う。

 

ハッピーバースデートゥーユーが流れて。夕焼けの背景、ひょこりと顔を出すマザーオレンジ、マザオレとHAPPY BIRTHDAYをかたどったレーザー。ケーキもオレンジで、横尾さんをセンターに写真を撮る。「オレンジ尽くしだね」と笑ったのはニカちゃんだったか。嬉しそうな顔で器用にろうそくを吹き消し、抱負を聞かれた。

まず、口にしたのは兄にきちんとファンに感謝をするように言われたこと。オレンジの皆さん、ありがとうございます、と再度の御礼。

そのあと。「もっと音楽を楽しんで、もっともっと歌っていきたいなと思いますし、今回Smileでギターもやらせてもらっていますので、ギター含めて他の楽器だったり、やっていきたいなあとおもっていますし。今後もよろしくお願いします!」

あれ。いつもの「僕じゃなくて家族に感謝ですね!」がない。「大倉君もお誕生日おめでとうございます」がない。自分以外に話をもっていって、かわす、そういう姿勢がない。こんなに抱負らしい抱負、いつぶりだろう。

もちろん、いつも通りスタッフさんへの感謝もあった。自分が中央の写真撮影が名前つきでプレゼントされると聞いて、この写真でいいのか?と気を遣ったりしていた。

それでも、35歳初日の横尾さんはコロコロ表情を変え、感情をまっすぐに伝えた。照れたような笑顔、そしてこの後の現金のくだりではじけた今日イチの笑顔。いろんな種類の横尾さんの笑顔が見られた。

 

---

 

現ナマをもらってわちゃわちゃした60秒後に全員が立ち位置に戻り何事もなかったかのように始まったSmile。ギターを弾く横尾さんを6人が取り囲むようなフォーメーション。藤ヶ谷くんを筆頭に、ニコニコ…いや、なんならニヤニヤしながら、時折横尾さんを覗き込みながら歌う。

横千現ナマ劇場に手叩いてひぃひぃ笑っていたのに、この曲でまたちょっとしんみりしてしまった。さてはこの曲の前にサプライズを入れたのわざとだな。プレゼントには「気持ち」(と現金)が好きな横尾さんへの、「Smile」の壮大なプレゼントだ。さすがによくできていすぎる。ひとたびそう考えてしまうと、歌詞が、今というよりは昔の、横尾さんに宛てた曲にしか聞こえなくなる。

Kis-My-Ft2 Smile 歌詞 - 歌ネット

今の横尾さんは笑える。え~ん、よくできた物語すぎるよ。

 

---

 

そもそも、冒頭のSHE!HER!HER!挨拶から、すでにお誕生日スペシャルは始まっていた。

「皆さま色々ありがとうございます。オレンジの皆さんありがとうございます!」

開口一発これ。横尾さんがオレンジの話をするときは特別なときだ。

横尾担は「オレンジ」呼びにめっぽう弱い。そして、横尾さんの笑顔にめちゃくちゃ弱い。私もこの時点で「ぴゃー!」みたいな変な声をあげてしまった。無残に固まるPC。一気にシハハのラップまで連れていかれた。PCは往々にして感情と同期する。

 

--- 

 

そして、ソロ曲。「僕を照らすモノ」。

歌って踊る横尾さん。今回は振付をつけてほしい、と頼んだのをネタバラシされたのが2日目のアフターパーティー。冒頭の振付を3公演違うものにした、とネタバラシされたのが公演が終わってから。

CDデビュー10周年を迎えるジャニーズ事務所のアイドルが歌って踊ってカメラに目線をくれて笑顔なだけで号泣。こうやって文字にすると幼稚園の参観日か?と思われそうだけど、そうじゃないんだって。歌声も歌詞もあまりにも横尾渉、その横尾渉という唯一無二のアイドルが奏でる「僕を照らすモノ」、あたたかくてほんのりしょっぱい。

ステージのだれよりも高いところでめちゃくちゃ長い脚とめちゃくちゃいい顔で歌うの、すごいや。あまりにもこのソロ曲が10年目の大正解すぎて、昨日半分寝ながら、次のソロ曲はこれをどうやって超えるんだろう、と考え始める私がいた。3回のパフォーマンスじゃ全然足りないし、キャラソンレベルの素敵さだから、永遠にこのソロ曲やってほしい…とまで考える私がいた。

この曲が本当に好きだ。

www.youtube.com

でもでも、11年目の横尾渉、わからないよね。次のソロ曲めっちゃギター弾いて一人ですげえ歌ったらどうしよう。逆にめっちゃ踊っちゃったらどうしよう。抱負を踏まえると何でもあり得る気がしてくる。楽しい。しあわせ。

---

アンコール、キ・ス・ウ・マ・イからのThank youじゃん!からのアフターパーティー…いや、総じて全編にいえることだけど、横尾さんがコンサートを楽しんでいて、アイドルを楽しんでいて、心底楽しそうな笑顔を見せてくれた。いちオレンジは、愛されている横尾さんを見て、心の底から幸せな気持ちになった。

カメラ割5割増やせ!って冗談でツイートしていたらThank youじゃんで「もっと素敵になれるじゃん」の部分ずっと抜かれて、宮田くん千賀くんの背中をポンポン、と叩いて3人で走り出してまたちょっと泣いてしまった。最後の花火を見るキラキラした表情を見て、鼻の奥がすこしツンとした。

---

オレンジ、ありがとう。

今日のわたのぼやきもそうだし、昨日のコンサート中もそう。何度も何度もその言葉をくれて、何度も笑顔をくれた。 

…しかし、照れ隠しとはいえ、お兄様にいわれて、とは。結局そこだって、あなたの「太陽」にいわれるのだ。敵わないなあ。嬉しいと同時に悔しい。私たちだってお兄様という太陽に照らされているわけだ。くすぐったくてこそばゆい。まだまだ続く、お兄ちゃんとわたとオレンジのレース。

それでも、こんなにも感情を、しかもマイナスじゃなくてプラスの感情を出せるようになったんだなあ。嬉しい。横尾渉さん、改めてお誕生日ございます。大好きだよ。

 ---

キスマイは「仲良しこよし」グループでは断じてない。アイドルを職業としてやる、めちゃくちゃ真面目な社会人7人のグループである。画面越しの客席にバラエティ的な回収を求めるし、走る走らないの前フリなんて激しすぎて、レーベルに怒られないかひやひやさせられた。

キスマイ、そして「エイベたん」、総じてファンを喜ばせる姿勢がバカ真面目すぎるのだ。コンサートは行き帰りの電車も、打ち上げも含めてコンサートなんだよ!とオタクは言ったが、まさか電車を貸し切って(しかもこれ、収録だと思ったら毎日撮影していた。3日目の電車の窓に雨の跡が見えたときの衝撃たるや。本当に…君たちは…。)西武球場前駅のホームからコンサートが始まると思うか?コンサートが終わった後、曲のインストを聞きながらアリーナを出て階段を上る、そんな体験を配信ライブで体感できると思うか?できるんだよ、10年目のキスマイならね。

---

と、まあ雑感のまとめになってしまったが、書きたいことは書けたと思う。

サンピラー現象が起こった2021年5月16日のおはなしでした。

--- 

横尾渉さん、

「オレンジ」を特別視してくれること、ただただ嬉しいです。毎日少しでも笑顔で過ごせたますように。悲しいことや苦しいこと、思い通りにいかないことが一つでも減りますように。あなたの年の重ね方が美しくて愛おしくてたまらなくて、あなたを見ていると年を重ねるのも悪くないなと思います。私かあなたが呼吸を止めるそのときまで、一生その姿を見ていたいです。お慕い申し上げております。アイラブユー。*1

 

 

その他のキスマイ関連記事はこちら:

niseri1012.hatenablog.com

 

 

*1:横宮Everybody Goのアイラブユー劇場は反則だった