読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いたれりつくせり。

君がナンバーワン!※ただしここの「君」は三人とする♡

ザ少年倶楽部in大阪ライブビューイングのレポ(2015)

 毎年毎年関西担にとっては命をかける「どうしても入りたい現場」の一つが多分ザ少年倶楽部in大阪だと思う。ジャニーズWESTを好きになって一年も経たない私でもここは絶対に入りたい現場で、血で血を洗う争いになることは見えていた。

 ただ、今年はそんな少クラin大阪に救済措置があった。各方面で話題となった、JOBK放送開始90年を記念としたライブビューイング。実際に中での観覧に入る事はできなかったものの、素敵なご縁があり、ライブビューイングに入れた。

 多分来年も!ライブビューイングがあると信じてのレポだよ!来年誰かこれ読んで!!(切実)*1

来たぜ大阪

 仕事ががっつり入っていたため昼あがりで新幹線で向かった。集合場所は思いっきり屋外のNHK大阪ホール前。谷町四丁目駅の最寄り出口を左手に、NHKホールの正面入口を右手において、柵のようなもので区切られている場所に100人ごとに2列で整理番号順に並ぶ。ちなみに今回、区切りを見る限りライブビューイングに招待されたのは800人だった。

 夕方とは言ってもまだまだ西日も強く、日傘またはサングラスは必携だと思う番協に入った事がある方はわかると思うが、立ちっぱなしで待つ。

 何時頃かの記憶が曖昧だが、100番ごとに案内され入り口ではがきの回収、そのまま番号順になだれ込むように画面の前へ。この時点でほぼほぼ整理番号は関係ない。私は約300番台だったのだが、はいったときに画面の前は混んでいたものの左右は空いており(画像参照)、左はじの4列目あたりに陣取ることができた。

f:id:niseri1012:20150910015353j:plain

 スタッフの監視はあまりない。床にかばんを置くことも出来るが、私より前の位置(~4列目)に「どう見ても一人そこ立てるだろう」ぐらいの面積で荷物を広げている方もいらっしゃったので、まあそこは一般的な常識を守ってください

 それと私は職場から新幹線に乗って直行で行ったため、靴など一切気を使ってこなかったのだが、後方番号の場合は低めのヒールなどあったほうがいいかも。ただし前方ステージがせりあがっているのもあり、割と見える。なのでお願いだから常軌を逸したヒールは履いてこないでほしい。(人によっては本当にすごい格好した方いたけど、これはコンサートじゃなくて番組協力/観覧だから………)

 ペンライトは持っていた方がいい。映像見てペンラ振ってるだけでもとっても楽しいので是非。ちなみに私はパリピポタオルを持っていったらパリピポアンセムが流れたので大勝利。ぶんぶん振ってた。振るぐらいの場所はある。うちわは持っていると、万が一メンバーが来たときとかに主張出来るから嬉しいかも。カメラに抜かれるときに派手さもプラスされる。ただしもちろん最低限のマナー(上に掲げない、二枚以上持たないなど)は守ってね!私は公式のグッズのうちわ一枚だけ持って行った。

 人と人の間隔としては、「え、こんなに隙間空いてて大丈夫?」という感じ。結構余裕ある。前方ステージにタレントが出てきたときもあんまり押されたりなどはなかったから、案外みんな見える位置を一旦見つけたらそこから動かないスタンスなのかも。私は前の人が頭を何度も動かして超絶見にくかったけどね………

 気温的には、エントランスホールがそのまま会場で、みんな興奮しており、なおかつ800人スタンディングなため、結構暑い。淳太くんも言ってくれたけど水分補給はしっかり忘れず。ちゃんと買ってから行こう。あともう一つ、これは改善されるかもしれないけれど私があった方がよかったらな、と思ったものは耳栓。位置によっては結構音響が近いうえ、おそらく後方の人に聞こえ易いために音が結構大きい。ずっと観覧しながらこの記事

sauce3.hatenablog.com

を思い出して一人震えていた。

 

少クラin大阪、ライビュポイントまとめ

・はがきは回収される。「行ったよ!」という記念に写真を撮るのなら早めに。(私は撮り逃した)

・私があってよかった/あったらよかったと思った持ち物

 →日傘またはサングラス(日除け)

 →水

 →ペンライト

 →耳栓

 →後方番号の場合低めのヒール

 ※荷物は小さくまとめる。肩掛けまたは、床に置く場合でも大きくならないバッグにすること。

・最低限のマナーは守る。番組協力の立場であることを忘れない。

・水分補給

・盛り上がって楽しむ。

…まあこれライビュのポイントというよりもほぼほぼ普通の番協のポイントだね。

 

ライブビューイングの利点

 正直タレントさんがライビュ特設会場に来る可能性について私は当日までほとんど検討していなかったので、「いうてこれテレビよりちょっと高画質でデカい画面でリアタイで見られるだけでしょ。この2時間のためにわざわざ遠征する?」と割と真剣に悩んだりした。それでもかなりの利点があったので、以下に記す。

★近い

 コーナーなどでタレントさんが舞台にあがってきたとき、とにかく近い。ライビュの後ろの方にいたとしても、ホール内のほとんどの席よりアイドルとの直線距離は近いと思う。私は4列目、画面を正面として左寄りだったため、特に淳太くんが近かった。淳太くんの脇ガッパーのタンクトップを裸眼でMCの間確認するという贅沢をしていた。 

★放送でカットされるシーン・やりとりが見られる

 これはホール内も同じだが、やっぱり放送に乗らない部分を見られるのは大きい。それと、ライビュ会場だけの利点として、アイドルたちの入り・出・スタンバイが見られるというのがある。ホール内にライビュ会場の映像が中継されるのはコーナーが始まる直前でしかないので、スタジオで歌をやっている間に気づけば淳太くんたちがこっちに走ってきてたり、お水飲んでたり、こっちに手を振ってくれたり…という部分はライビュ参加者だけの特典。

 特設ステージでのMCコーナー中・後(どちらか覚えてない)、淳太くんがうちわを見つけたのか一瞬で「きゅんきゅん」のファンサをやったのを私は見た。多分誰かがうちわを持っていたのだと思う。じゅんじゅんにきゅんきゅん。また、はける直前「水飲めよ」と言わんばかりに無言でペットボトルを持ち上げて飲むかのような動作をしてくれた。ここ全部ライビュ会場の人しか見えてないのかな…?(ホール内の人も見ているかもいれない)私は通して一番見やすい淳太くんばかり見ていたが、おそらく各々色々見るところはあるので、そういう意味でライビュは「ただ放送される映像を見る」だけじゃない楽しさがあった。

★声出し放題

 一応ライビュ会場が抜かれるときのために、プロデューサーさんから「盛り上がれ」などの指示はあったものの、それ以外はかなり自由。とにかく節操もなく\いやっほいいやっほい/叫べて私はとっても楽しかった。番協の会場だと、周りが案外声出してくれなくてなんだか萎縮してしまう…ということが今まで何度かあったのだが、ライビュの方がなんなら「コンサート感」があって自由に声を出せる。ペンラ振れる範囲も広いし、双眼鏡持ってても意味ないから片手空いてるし、とっても楽。楽しい。

 

ライブビューイングの難点

 とは言ったところで、やはり中のホールに入りたい!というのはあるとおもう。私はあまり感じなかったが、(といってももちろんいつかは入りたい)ライブビューイングの難点を以下に。

★ジュニア担ならホールの中に入りたい

 これが一番大事。ライビュの特設会場の方まで今回来たのはA.B.C-Zの全員、SexyZoneの3人(勝利健人風磨)、ジャニーズWESTの小瀧、桐山、中間、そして関西ジャニーズJr.から西畑大吾、大西流星、藤原丈一郎

 特に14年組、ちびジュなどがこちらに来る可能性は来年以降ライビュがあったとしても極めて低い。今年のように、甘いセリフできゅんきゅんなどで来る可能性もなきにしもあらずだが、それでも放送される範囲内だろう。

 放送に乗らないトークというのもほとんどは河合桐山の司会組のもの。ライブビューイング会場で見る歌を歌ったり踊ったりの映像はテレビで放映されるものと全く同じ映像のため、まあジュニアの映り方は(察してください)。

 関ジュ担なら、私はなんとか中に入って歌と踊りの間は自担ロックオンしていたい。逆にいえば、デビュー組担だったらライビュは割とおすすめ案件。ただしデビュー組でも自担が来ない可能性はあるからそこら辺はご用心(濵ちゃんは来なかった)。

★決まった席がないので「自分のスペース」がない、随時邪魔される可能性

★暑い(個人差あり)

 

ライブビューイングの感想

 ライビュの感想はほぼほぼ少年収/in大阪を見た人の感想みたいなので、長くならないようにまとめた。

じゅんじゅんのマジギレシーンでは黄色い悲鳴があがる。キレ淳人気。

しょうれん担のお姉さん方がライビュ会場で座り込んでいた(来なかったもんね…)

河合郁人の「あついビート?」にライビュ会場で「ちょーだい!」と言ったのは約3~3.5割といったところ。こちらからホール内の観客の声はあまり聞こえないし、やっぱりがっつりカットされてたけど会場の皆さんはどのぐらい言ったんだろう。

テーマは「パーティーだー!」で「あついビートちょうだい?」って言われたから期待しかしてなかった。(V.I.P.を)

河合郁人のB.A.D.大好きを確信せざるを得ない、終了直前の司会組トーク(ここも全部カット、セレクションしていいよ)

郁「なんかラテンっぽい?南米っぽい歌あったよね」

照「ああ、アイシテル?」

郁「それそれ。どんなんだっけ」

照「えーっと…(5秒ほど沈黙、私たち:思い出して…!!!)うーんと、あれ、今V.I.P.しか出てこおへん…」

…ふみきゅんどんだけ詳しいんだよ…*2

郁人、コーナー終わり後去る西畑くんに

郁「西畑くんって少年たちで23番の衣装着てるよね?」

西「はい!」

郁「それ俺の衣装なんだ〜郁人だから23(ふみ)」

西畑さん去ったあと

郁「西畑くん頑張ってるよね…かわいいよね…あの子朝ドラも出てたでしょ…?頑張ってるよね〜」

…ふみきゅんどんだけ優しいんだよ…

やっぱり関西担が多いのもあり特設ステージ上でやったA.B.C-Z LOVEは若干のアウェー感か。ライビュにはやはりジャニーズWEST担が多い印象。でも私は「ふみきゅんふみきゅん…」コールができたのでとても満足。っていうかえびちゃん全員来てくれてありがとう。

歌のタイトルとジュニアの子の名前が出てこないのはあんまり詳しくない身としてライビュ時はちょっとつらい。放送で見た。

 

大西くんと佐藤勝利の共演を見るたびに胸がアツくなる私。向井康二がアップでカメラアピール成功するたびに「頑張れ…!」って手組んで祈る私。なんの保護者

BIG GAME*3冒頭の濵田パートが向井康二でいきなり尊い。途中以降、なぜか後ろの方で、でもどセンターで踊る室龍太くんみて涙目になる私。…室くんもじーこも頑張っでぇ゛ぇ゛ぇ゛(涙声)

ギミゲずるい。なぜ桐山中間なの。ずるい。ずるい。

涙腺崩壊ポイント:ビグゲ、君にこの歌を、バンバンッ!!、UME強引オン(いちいち全部辛い)

赤名くんにこの日落ちた。コーナーで出てきて、何だこの子…ってなって以来好き。今日放送見たら他のところもちょこちょこ映ってたね。応援していきたい。POTATO初登場おめでと♡

 

 

最初は感想書くつもりが、ほとんど注意点みたいになっちゃったな!

来年も…といいつつ、本当はもっとやって欲しいけど!年に3回か4回はやってほしいけど!!!

大阪のあついビート?

\\ちょうだい!//

*1:これは2015年in大阪のライビュのレポです。来年以降もしライビュがあったとしても、同じ集合場所、仕様などを約束するものではありません。こんなもんだったのかーぐらいの気持ちで読んでください

*2:♪あつーい情熱ーのはーな 愛に抱かれた夏ー君をーわすーれなーい♪

*3:私はこの収録の前に少年たちに入っていなかったためビグゲ'15の歌割りを知らなかった