寝盗られに行って来まして、感想やら考察やら

 寝盗られ宗介、当初行くつもりはなかったんですが、関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎くんが出るので気になって気になってチケットの譲りを探し始めるも2階席しか見当たらず「出来ればS席で見たいなあ…」と考えていたところお友達が譲り先を探していて、聞いてみたらS席だというので行ってきました! 

 

 結論、本当に行ってよかった!楽しかった!今月見た舞台は市場三郎に続き2本目だったのだけど、なんにも考えずにただただ見て楽しむ市場三郎とは違って、寝盗られ宗介はほんっと愛とか性とかについて考えさせられて、正直もう一度見に行きたいです。ええ。ちょろい。

  

 以下は一回観劇しただけ、予習はざっくりのジャニオタが舞台を見て言いたいことを書いていったら感想というよりも深読み解釈になってしまったものです。セリフはニュアンス発言者もニュアンスです。「そう言われればそうだったかなあ」ぐらいのノリで読んでください。脳内補正はかかっていること請け合いなので間違っている箇所多々ありそうで怖いです。あまりにも目に余るミスでしたら指摘してください。 

1. 現実と空想の狭間

動物

 演劇だと、実体は途端にあいまいになる。例えば市場三郎では、「牛」「羊」「ヤギ」を演じる人間が登場。

 寝盗られ宗介でも、「鮭」と「猿」が登場する。ここがよく分からなくて、「ん???鮭???鮭なの???」となった。これに関しては解釈が色々ありそうなのでちょっと略。人間として育てられた鮭と猿なのかな…?

 

 観客と劇と劇中劇

 この劇は、北村宗介一座の座組のお話と、劇中劇部分の二部構成になっている。そしてそのお話を戸塚くんはじめ他の役者さん方が演じている、合計三部構造だと思う。

 普段だったら演じている戸塚くん、と劇の中の宗介、の二つなのに、この三つめの劇中劇部分がお話を少々難解にするとともに、現実と演劇(空想)の世界を意図的に曖昧にしているような気がした。特に、福田沙紀ちゃんの役名が「サキ」なのとかでも感じた。 

 舞台終盤、小川菜摘さん演じるリリーが自由を求めて旅立って行くシーンの前に、「愛する人は信じてれば絶対帰ってくるから。」っていうことを言うシーンがあって。リリーさんは舞台全体を通してただただ宗介にあしらわれるポジションが徹底されていて、新喜劇ネタをやっていること含めなんならジミーよりもピエロ的役回りだと思う。そのリリーが、宗介が「もしレイ子が帰って来なかったら次はお前だ」っていうのにも関わらず離れる。そこの最後のセリフが、「愛する人は信じてれば絶対帰ってくるから。約束したんだから、夫婦なんだから、大丈夫なんだから。」(ニュアンス)なのだけれども、あまりにもそのセリフが重くて。私はそこに勝手に小川菜摘さん自身を重ねてものすっごい重いセリフだなあ、って思ってた。

 そしてサキちゃんは、現実世界でも、演劇の世界でも、「レイ子の代わりは務まらない」と二度宗介に言われる。一度目は、レイ子が帰ってこない開演前の劇場。二度目は、とってもきれいなウエディングドレスに身を包んで、歌を歌いながらあたかもこの危機的状況を救う正ヒロインとして、入ってくるところ。宗介は、確実に自分がピンチで、恥さらしみたいな状況になっている状態でも、「お前にここは務まらない、レイ子にしかここは務まらない」といったことをいう。

 宗介は座長で、必ずレイ子との一番美味しいパートを持っていく。まるでどんな舞台であっても相手役はレイ子でしかない、と決めているかのようで、結婚式という人生の大舞台で、レイ子以外の相手は見えなかったのかも。このセリフを聞いて初めて、ああ、宗介は本当に本当にレイ子さんが好きなんだなあ。って思った。

  

2.愛欲と性欲とフェティシズム

宗介

 宗介はレイ子を愛している。そりゃまあ病的なほど愛している。

 ただ宗介が一番に好きなのは、亡くなった妹さんなのではないだろうか?宗介は妹の結婚服(和装だったような気がするが定かではない)をレイ子に着せようとする。サキのことも、「妹に似ている」と言う。

 続いて宗介が好きなのは自分…特に舞台で(俳優として)生きている自分、だと思う。宗介はレイ子が必ずしも好きなのではなく、自分の人生の舞台と、役者としての舞台で、自分の存在を魅せる手法としてレイ子を選んだのではないだろうか。考えてみれば立教で宗介さんと、購買のパートさん?だったレイ子さんは出会って、たった二人で座組を始めた。レイ子さんは宗介さんの芝居に惚れ込んでいて、宗介さんはそれを察知してレイ子さんを自分の人生のパートナーとして迎え入れたのかなあ…

 宗介はレイ子に対してめちゃくちゃなことを言いながら、多分人間としてよりも根本的に役者として尊敬している。レイ子さんの、高橋さんの、演技力はすごい。セリフの量がすごいし、笑いの要素も少々残しながらも途中のシーンのセクシーさ半端ないし、ある意味ジャニーズの役者二人を惑わせるっていう最高に罪作りなポジションなのに、それを問題だと感じさせない貫禄。だから、レイ子を寝盗らせるのもレイ子を役者としてより魅力的にするためで、あとDVとかでよく聞く、「何をしたところでどうせ俺のところに帰ってきてくれる」というエゴを満たすためだと思う。

 

 最後のシーン、彼にとっての最高の女優、レイ子を迎え入れるために、舞台の上で、戸塚祥太は宗介として、最高の「舞台」をプレゼントしようとする。「ピンスポいいか?音響いいか!?ここは絶対外しちゃだめだからな。いいか、せーの!」って何回やった???もう全然絶望なんて見えなくて、多分あの瞬間宗介はぎりぎりの状況を楽しんでいて、史上最高に興奮しているんじゃないかと。あの瞬間、声を枯らして「おい!マイクの準備はいいか?!」って目をらんらんさせながら言っていた宗介は、必死なのもあったんだけどなんだか狂愛っていう感じがした。ああ、狂っているんだろうなって思った。絶対帰ってくるって信じていて、何度肩透かしを食らったところで、もっと興奮しているように見えた。

 その狂ったような必死さがほんっとうに見ていて不憫で、どう考えてもおかしいのは宗介なのに、宗介に味方をしたくなる、それこそディズニー映画とかで見る、悪者の内面を知ってしまったがゆえに、どうしても負けていく悪者に肩入れしてしまう、みたいな。

 そしてレイ子は宗介を裏切らず、最高の舞台に姿を表す。宗介は、つのかくしで出てきたレイ子を見て驚く。自分はタキシードを着ていて、レイ子さんはウエデイングドレスで入ってくるっていう前提だったんだよね。この絶妙なズレが、もしかしたら宗介にとっては「完璧な舞台」を作らない要因になっていたのかもしれない。でもこれはレイ子さんが「自分」を出したところだと思うし、私は好きだった。

 で、恐らくこの舞台はまだ終わってない。あの舞台(結婚式)はあそこで終わって、恐らく結婚式の裏に一悶着あるよね。もうお父さんは死んでいたわけだし、レイ子さんが「間に合った」のかは定かではない。 

 

サキ

 サキは普通の女の子。恐らくあの舞台中で一番普通な子だったんじゃないだろうか…?頼りがいのある年上の座長にちょっと恋焦がれて、立派な女優になって戻ってこい、という言葉に従い、彼女は最高の舞台に、最高にふさわしい格好(しかも和装ではなく宗介に合う洋装)で帰ってくる。しかもその衣装は、「お前は一番白が似合う」って宗介さんに言われた、潔白と清純を象徴する白!!!あ〜!!!宗介さんのことめっちゃ好きかよ〜!!!!…と思った。

 ただ、サキは結局その時点で宗介さんにあまり気はない。彼女もまたいち女優として座長の「舞台」を手伝うために帰ってきて、実際はもう一人のお兄さんとデキてる。東京で一人ぼっちで、散々な目にあってたサキちゃんに、雨の中傘を差し出しながらあのお兄さんがかけたっていう「女優さんが雨に濡れるのは演技の中だけで十分」っていうセリフかっこよくない???チョーカッコイイ第一位じゃない????

 

ジミー

 終盤、結婚式のシーン。レイ子を待つ宗介。そこに、レイコよりもサキよりも先に帰ってきたのが〜???そう!ジミー!!!!!

 私、照史くんのビューティフル・サンデイが見られなかったことがとっても悔しいぐらい、人が自分とは違う恋愛感情をしている演技に興味があって。ジャニーズって女の子に擬似恋愛をさせる仕事であるが故、あと日本のアイドルであるが故、もしいたとしても(現にあれだけ人数がいれば同性愛者がいても全くおかしくない)性的マイノリティである事実って恐らく一生出てこない話だと思う。だから彼らがゲイだとかバイだとかなのは、演技じゃないと一生見られないんだよ。それってすごくない????

 ジミーはバイセクシュアルである、といったのは演出家の錦織さんだったか。ジミーは、バイセクシュアルであるから、レイ子と宗介の間にいられる唯一の人である。二幕の冒頭、犬も喰わない夫婦喧嘩のなか、ジミーはずっとその場にいる。最初はなにか話しかけようとして、躊躇して、二人の熱量に気圧されるように座り込み、スマホをいじりはじめる。

 ジミーが愛していたのは、宗介である。これは多分紛れもない事実じゃないだろうか。目と表情の演技から見るに、ジミーはレイ子を寝取りたいというよりも、『レイ子を寝とらせたい』という宗介の異常な愛情に応えたいような感じがした。レイ子と出て行く直前、ジミーは「別に出ていかなくてもいいんですよ」みたいなことを言っているし、お金をせびるくだりを長いことやるし、正直行って宗介に止められて、レイ子はもちろんお前も必要だって言って欲しかったんだと思う

 ジミーは宗介のために「レイ子を好きな自分」を演じる。もちろん好きだとは思うし、確実にジミーは性的な目でレイ子を見ているし、キス待ちはするわ太ももを撫でまわすわ確実にヤることヤってる。「僕も男です!」とマイクを立てて言ったジミー。でも、レイ子に関して他の人がなにかを言う時のジミーの目と、宗介に関して他の人がなにかを言う時のジミーの目は、全然違う

  サキちゃんが「愛してます」と座長に言う時、サキ&宗介のタップ周辺、レイ子と宗介の会話…ジミーが登壇しているときのジミーの目が怖い!ジミーは宗介にとんでもなく想いを寄せている。座長が座員に腎臓をあげたと聞けば、「僕は心臓が欲しいなあ!」と漏らし、開演前には「座長、抱いてください。座長に抱かれると落ち着くんです。」と半ば強引に詰め寄る。座長に抱かれているときの目!丈一郎くんの眼力、ここで真髄発揮!!!すごいよ???レイ子さんの太ももを撫でるときの、ゆるみきった表情とふにゃふにゃの目とは全然違う。ちょっとした動揺と驚きと半端ない興奮、みたいな目。多分これ贔屓目じゃない。

 丈一郎くんはそこでもしっかり目と顔の演技をしていただろうから、他の見えなかったところ、例えば宗介に上から掴みかかれるところ、殴られるところの表情もものすんごく観たかった

 

 ジミーはスズ子とのフラグもあるように見える。ただ、スズ子はジミーが好きだったみたいだけど、ジミーは少なくともレイ子さんと宗介さんに夢中で、一切スズ子には興味がなかった。 スズ子を襲ったみたいになったとき、ジミーはそれを真っ直ぐに否定する。二人の関係性は、カップルというよりかは同じ運命を背負ったシンメに似通ったものがあったのかも。

 

スズ子

 スズ子は鮭。数年後、彼女はサーモンピンク(オレンジ)の服を着て、煙草を吸っている。 彼女もまた約束通り180度変わって、「波止場でブルースを歌っている頬のこけた男」の情報を聞いてその波止場にやってくる。

 そこで彼女はヒゲをはやしてブルースを歌う、ジミーに出会う。

 ジミーがこの場にいるのは、スズ子がジミーのブルースを好きといったからだよね?ジミーはこの時のほうが、はるかにスズ子に気があるように思う。ジミーは自分があの時のジミーである、というのを告白しようとする。ここで一旦ジミーは「普通」に戻ろうとしたのじゃないかなあ。

 あそこが、伊坂幸太郎ゴールデンスランバーの最後のシーン(エレベーターの中で手に「大変よくできました」のスタンプを押され、お父さんから痴漢についての手紙がくるところ)にすごく通じるものがあった気がして。

 スズ子は、そこにいるジミーをあの日のジミーだとは気づかないフリをしている。2年たってもマイクを使っているジミーに失望したのか。ただ、「マイクに頼らず腹から声を出せ」というのは、その謎の男(髭面のジミー)にいいつつ、それをいうことで彼が2年前のジミーと同一人物だと気づいている、ということを暗に表現しているのではないだろうか。

 この二人のシーンは、そのままスズ子がジミーをおいて行って終わる。

 

3.最後のシーン

 そして、一番最後。ジミーは変わる。ずっとマイクを握っていて、間もたせの歌手だった、才能がないと言われていたジミーがマイクを置いて、開演前の座組全員を煽る挨拶をやる。そして、踊る。もう涙腺崩壊だよ。

 実際舞台に裏方として携わることが多かったからにほかならないのだけれど、私はメイキングとか、裏とか、そういうのが大好きで。あの最後の声だし部分を、ジミーがマイクを通さずに(と言っても実際はマイクを通していて、それがまた「演劇」と「現実」の狭間を感じさせられて面白いわけなのだけれど)やって。ああ〜!好き!ってなった。もうちょろいから最後のトラック揺れてるところのメイキングとかメイキングとかちょいちょい泣くわけですよ!?座組超頑張ってる〜!みたいな!あの舞台はとにかくそう言うのが多かったから。

 ラストの結婚式のシーン、ジミーとスズ子は正装で再登場する。ジミーは宗介に褒められたにも関わらず、髭面のマスクをしていない。ここがちょっとした謎だった。ジミーはなぜマスクを外したのか?で、最後電話がかかってきたのは誰からなの?なんかその辺がつながるのかなあ〜っておもったんだけど、違うのかなあ…ジミーはもう一人ぼっちじゃない、世界から隔離されていない、みたいな話なのかなあ。考えすぎかなあ、あそこは笑ってみるところかなあ。

 

3.愛され座長 

 観劇に言ったときに、戸塚くんが好きなお友達二人に会った。偶然その二人は濵田くんも好きで、私はどうしても舞台や現場を(楽しさとかじゃなくて)「比べる」のが好きなので、市場三郎と北村宗介を比べてしまった。

 市場三郎は愛されている。市場三郎のテーマではみんなの中心にいて、彼がいればみんなは「笑っていられる」。ところが北村宗介一座で、座組のみんなが座長に向かって発する言葉が「僕らも一緒に地獄に堕ちたい」。このセリフが衝撃的すぎて、一番最初にメモに書いたセリフがこれ。このセリフやばくない???舞台冒頭にて、もうこの舞台がどんな感じかを表すセリフだと思った。宗介と一緒であれば、この座組は地獄に堕ちる準備すら出来ている。ぎゃー!狂愛三部作も真っ青!

  市場三郎は紛れもなく「イイヤツ」である。それに対して、宗介は主人公にふさわしい「ヒーロー」かと問われればそうではないのかもしれない。ジミーやスズ子たちは、本音では思っていないとしても「彼によって才能の芽を摘まれた」と感じたりしている。彼らはそれでもなお、宗介の摩訶不思議な魅力に取り憑かれ、「僕らも一緒に地獄に堕ちたい」と言うのである。宗介は、なんだかんだいって自分の座組を家族よりも大事にしている。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」をモットーとし、言われればお金も、腎臓も、車も、家も、手配してやる覚悟なのである。

 では人がいいのか、と言われると必ずしもそうではないような気がして、宗介からはいつも何かに急かされているような、得も言われぬ焦りとか不安とか、そのうえでの興奮を感じるような気がして、なんだか不思議な男なのである。戸塚くんにあの役やらせたのほんっっとにいいと思う。

 

以降、きれいな文章にまとめる気力のなかったただの感想(散文)↓
  • とりあえず生理日把握してる宗介さんは最高に興奮した
  • 福田沙紀ちゃんかわいすぎて、花道近いのもあって生歌が聞こえて、生歌とマイクで広げられた声?もうかわいすぎるだろ!!!なんて健気な子だ!!!うわああああん!!!!!
  • 戸塚さんがめっっっっちゃ綺麗。話している途中に、髪だんだん乱れて、その乱れた節から一滴二滴、汗の滴ることいとをかし。頬を伝って顎から滴り落ちてくるのもよきかなって感じ。いやマジで。
  • 東京公演ではどうやらエロの部分が大分はしょられていたらしく、「いうてそこまでエロくない」って思ってたんだけど、そのなかであの汗!体液!えっエロい!戸塚さんエロい!って感じでしたね(真顔) 
  • 戸塚さんハケ際に「俺はお前のことを愛しているのに!」って振り返りざまに怒ったように舞台をはけていくシーン、振り返るときに汗がキラキラッって飛んで、それも一滴二適じゃなくて飛沫のようにパシャッって、でもめっちゃ綺麗。
  • 戸塚くんの汗は売れる(確信)
  • 戸塚さん綺麗だし着物とおしりとふくらはぎと腕と体がすごく綺麗!!!普段あんまり戸塚さんの綺麗さを全国の皆様ほど享受はしていないんだけど声を大にして言いたい戸塚さんは綺麗!!!!
  • 花道すっごく近くて、いやっていうか花横あいてたんだけど、私の横もあいてたんだけど、はいりたい〜!!!!って思ってましたええ。
  • 飴はもらえなかった。
  • 座長はいつも舞台をハッピーエンドで終わらせていたじゃない、ってサキさんの言葉だったかな? あれをあの状況で聞いたとき「いやこの状況からどうやってハッピーエンドになるんだよ;;;」と思ったけど最後の囲い込みが見事でうわあ〜!ハッピーエンド!!!ってなった。実際ハッピーエンドかはしらん。
  •  メモに「丈くんかっこいい」しか書いてない
  • あ〜もう丈一郎。すごいよ丈一郎。
  • 私ぶっちゃけると踊って歌ってる丈一郎くんはあくが相当強いとおもってるんですけど、演技だとあの丈のキャラがいい感じにぼかされててかわいいんだこれが!!! 
  • 丈一郎は集団ダンスのシーンでも手を抜かないからめっちゃ丈一郎だ
  • 舞台のいたるところで「ここを濵田くんに相談したのかな?」って考えてた。丈くんかわいいねえ;;;;;;;;; 
  • 丈一郎くん地獄に堕ちたいとか俺は心臓が欲しいな〜!とかキャラとして最高。
  • 「座長、抱いてください」って行って抱かれるときの顔とか最高だからね?最高だからね?
  • それで最後丈一郎がお腹から越えだすんですよ!腹から声出してみんな煽ってなんか踊るじゃん!もうぐわあああ〜!!!!って感じ!尊い!!!!!!!!(日本語)
  • っていうか丈くんバイで最高に受けじゃない???
  • スタオベできたし涙を堪えているのか広い視野でお客さんを吸収しているのかずっと挨拶で上を向いてた丈一郎

 

あ、あと少クラの観覧にも行って来たりしました。楽しかったです。(小並)

ここまで読んでくれた方がいるのかわかりませんがありがとうございました!ジャニオタ×物理書いてるんです!もう一個記事も書いてるんです!ごめんなさい!!!あ、次はコインロッカーベイビーズです!!!舞台大好きです!!!!!!!